先輩社員インタビュー
冷塩1部 飯沼 智也 2016年入社
馴染みのお客様と相対しての朝売り、
仕入れや在庫管理が毎日の仕事です

 水産物の冷凍品を扱う部署に所属し、その中で主に貝類全般とイカを担当。毎朝仕入れのために市場を訪れるお客様に、ご希望のものを相対で販売しています。ほぼ毎日顔を合わせる馴染みのお客様がほとんどなのですが、入社当初は会社名とお名前とお顔を一致させるのに苦労し、「いつものやつを出してくれ」とのご注文に戸惑ったこともあります。ようやく慣れてきた今は、世間話を楽しんだり、お勧めしたい商品を積極的に営業する余裕も出てきました。また、在庫管理や仕入れも私たちの大切な仕事です。これだけあれば一カ月は足りる、こっちはそろそろ仕入れよう、との見極めもできるようになり、少し成長できたかなと思っています。

自分の提案が奏功したときの喜びは格別。
お客様からの「ありがとう」でやる気もアップ

 商談で自分の提案が通ったときに、この仕事の面白みを実感します。また、お客様からの「ありがとう」はやる気につながるうれしい一言。ギリギリに入った注文に対して急いで商品を手配したときなど、私たちは当たり前のことをしたまでなのですが、「ほんとに助かったよ。ありがとう!」と感謝の言葉をいただくこともあり、それだけでモチベーションがぐんと上がります。
 中には相場が著しく変動する魚種があるのですが、昨年は年末に向けての商談を早い時期から進めておいたことが幸いし、想像以上に安い価格で納品できたという事例がありました。お客様に満足していただけたことが一番ですが、先を見越した自分の提案がうまくいったことで自信につながったように思います。

広い視野をもって経験を積み、
売上増に貢献できる人材に。

 入社から約1年たち、大まかな仕事の流れは分かるようになってきたので、今後目指すべきは会社の売上アップに貢献できるような働き方だと考えています。そのために必要なのは、レベルアップした提案力。商品の魅力を熟知し、それをお客様に効果的にプレゼンできるような力を身につけるためにも、丁寧に経験を積み重ねること、一つのことにとらわれない広い視野を持つことなどを心がけたいと思っています。
 ありがたいことに上司からは「なんでもやってみたらいい、どんどんチャレンジしなさい」と言われているので、今後もあらゆることに挑戦し、ゆくゆくは新規のお客様を開拓して活躍の幅を広げたいですね。

仕事で難しいと感じたことは?

 まだまだ勉強不足で、商品の魅力を最大限に引き出せていないような気がします。また先輩や上司の商談の様子を見ると、自分と異なる点が多々あり、とても勉強になります。人を相手にする仕事なので、話し方や雰囲気一つに気を配ることが大切だと実感しますね。

仕事をする上で大切にしていること・こだわりは?

 新しいことでも、臆することなくまずやってみる。はじめからダメだと思わず、ポジティブに、そして全力で取り組むことを心がけています。また先輩や上司に叱られることがあっても、それをありがたいことと思い、自分の成長につなげたいと思っています。

どんな人と一緒に働きたいですか?

 私が考えないようなことを発想できる、新鮮な価値観を持っている人。そしてやはり尊敬できる人が良いですね。ともに働くことで、互いに成長できたらいいなと思います。

1日のスケジュール
▼4:00

出社。市場の朝売りで販売活動を行う。

▼6:30~

その日仕入れた商品の事務処理、朝売りの売上計算など。

▼7:30~

市場内の食堂で朝食。

▼8:00~

在庫を確認して仕入れを行うなど翌日の準備。
商談で新規商品を提案。

▼13:00

帰宅。先輩と釣りに出かけることも。