YAMATSUのお仕事図鑑
世界中のおいしい水産物を食卓に届ける卸売業者 山津水産の職場をご紹介! YAMATSUのお仕事図鑑
熱い思いで魚の魅力を発信する
山津水産で働く社員をご紹介します!
續木 浩一 2012年入社 鮮魚課所属
鮮魚課ってどんな仕事なの?

 主に生鮮品を取り扱い、競りや相対で仲卸業者に販売する部署です。実は、「競り」と一言で言っても色々な方式があるのですが、新潟では“競り下げ方式”を採用!私たちの言い値でスタートし徐々に金額を下げ、買い手がヨシ!と思ったタイミングで声を上げることで値段が決まります。巧みに駆け引きするところがポイントですね。

 販売業務を終えると今度は出荷業者と連絡を取り合い、翌日販売する生鮮魚の仕入れ業務を開始。仕入れ価格は水揚げの場所や量によって日々変動します。業者と信頼関係を築き、市場の動向も把握して数量を決めていきます。

どんな時にやりがいを感じる?

 自分が仕入れた商品を買ったお客様が喜んでくれたり、感謝の言葉をいただいた時にこの仕事のやりがいを感じます!もちろんうまくいかないこともありますが、先輩から助言をもらいながら経験を積むことで、一つずつできることが増えていくのが楽しいです!

山津水産のプチ情報

市場内の食堂では、鮮魚を使った刺身定食や海鮮丼などが食べられます♪

峰田 昌輝 2018年入社 冷塩一課所属
冷塩一課ってどんな仕事なの?

 冷塩一課は、水産物の冷凍品を取り扱う部署です。主にエビやカニの担当をしています!鮮魚との違いは競りを行わず、相対販売で業者と直接交渉すること!その他にも、商品の仕入れや在庫管理、電話対応などを行います。新人なので、先輩社員に教えてもらいながらひとつずつ業務をこなしています。

 入社後は半年間研修があり、8月から部署に配属されます。初めて仕入れから販売まで全てを任されたときは緊張しましたが、販売時に試食を用意するなどして商品の魅力を伝えました!取引が決まった時はとてもうれしかったです。

どんな時にやりがいを感じる?

 自ら商品の魅力をお伝えした商品の取引が決まった時が一番やりがいを感じますね。
 研修中に『魚屋は義理人情が大切だ』。という言葉をいただきました。お客様と良い関係を構築し、一方だけでなく双方が良かったと思える取引を1つでも多く成立させれるよう、日々勉強していきたいです。

山津水産のプチ情報

基本は朝4時に出社し、13時には1日の業務が終了!平日の午後も満喫できます♪